カテゴリ:PHPのお勉強 (全4件)

記事一覧

[2010年06月21日 02:33]
計算アプリを作ってみた。
[2010年06月06日 13:42]
PHPのお勉強を始めてみる。

計算アプリを作ってみた。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
先に書いた[PHPで勝手に数式作成-計算アプリを作ってみる]の入力フォームと、
計算結果を表示するやつを作ってみた。

先ずは、フォーム側(答えが出ているのと、ソースを覗くとformの中に正解の値が入っている点はご愛嬌w)

[CountApp.php]
<html>

<head>
<title>計算アプリを作ってみるコトハジメ</title>
</head>

<body>

<?php

/*数式の決定*/
$CountValue = rand(0,3);

/*表示する数字の決定*/
$LeftTen = rand(0,9);
$LeftOne = rand(0,9);
$RightTen = rand(0,9);
$RightOne = rand(0,9);

/*両辺の値*/
$LeftTotal = ($LeftTen * 10) + $LeftOne;
$RightTotal = ($RightTen * 10) + $RightOne;

/*計算式と回答*/
$AddTotal = $LeftTotal + $RightTotal;
$SubstractTotal = $LeftTotal - $RightTotal;
$MultiplyTotal = $LeftTotal * $RightTotal;
$DivideTotal = $LeftTotal / $RightTotal;


/*数式に応じた処理*/
switch($CountValue){

/*足し算の場合*/
case 0:

$CountDispA = '+';
$CountDispB = '<img src="/image/add.png">';
$AnsMe = $AddTotal;

break;

/*引き算の場合*/
case 1:

$CountDispA = '-';
$CountDispB = '<img src="/image/subt.png">';
$AnsMe = $SubstractTotal;

break;

/*掛け算の場合*/
case 2:

$CountDispA = '*';
$CountDispB = '<img src="/image/multi.png">';
$AnsMe = $MultiplyTotal;

break;

/*割り算の場合*/
case 3:

$CountDispA = '/';
$CountDispB = '<img src="/image/div.png">';
$AnsMe = $DivideTotal;

break;
}


/*メモ $CountDispA が記号を表示 $CountDispB が画像を表示 $AnsMe が数式の答え */



?>


<?php

/*数字の表示部分*/

echo $LeftTotal.$CountDispA.$RightTotal.'='.$AnsMe;

?>

<br/>
<p>回答を入力</p>
<!--回答入力フォームを作ってみる-->
<form method="post" action="CountAppForm.php">
<input type="text" name="AnserA">
<input type= "hidden" name="AnserB" value="<?php echo $AnsMe ?>">
<input type="submit" value="Send">
</form>


</body>


</html>


んで結果表示用のPHP
[CountAppForm.php]
<html>
<head>
<title>答え合わせ用のPHPスクリプト</title>
</head>

<body>
<p>
あなたの答えは「
<?php
/* <input type="text" name="AnserA"> の入力値。入力した答え*/
echo $_POST['AnserA'];
?>
」です!
</p>

<p>問題の答えは...「
<?php
/* <input type="text" name="AnserB"> の入力値。要は答え。*/

echo $_POST['AnserB'];

/*答え合わせ用の値の代入*/

$AnserA = $_POST['AnserA'];
$AnserB = $_POST['AnserB'];

?>
」でした!!</p>


<p>
<?php

/*実際の答え合わせ処理部分*/

$FinalAnser = $AnserA-$AnserB;

if ($FinalAnser == 0){

echo 'おめでとう!! 正解です!! ';

}else{

echo '不正解...orz';

}

?>
</p>

<p><a href="CountApp.php">次の問題へ</a></p>

<!--答え合わせの動作確認<?php echo $FinalAnser; ?>-->
</body>
</html>


ちゃんと動いた!!
文中に
$CountDispB = '<img src="/image/div.png">';<

とあるのは、画像で数式を表示したいなというので書いてますw
非常に満足!

サンプルソース無しで書いた初めてのPHPアプリだ。

------不具合追記-----
・両辺どちらかが"0"になった場合に不具合発生する。
・右辺が"0"の時の割り算に不具合発生する。

対策内容:以下の記述を/*両辺の値*/の下に追記
/*ゼロにならないように再取得処理左辺*/
while($LeftTotal==0){
$LeftTen = rand(0,9);
$LeftOne = rand(0,9);
$LeftTotal = ($LeftTen * 10) + $LeftOne;
}

/*ゼロにならないように再取得処理左辺*/
while($RightTotal==0){
$RightTen = rand(0,9);
$RightOne = rand(0,9);
$RightTotal = ($RightTen * 10) + $RightOne;

この記事のカテゴリ:PHPのお勉強

関連するタグ:作ってみた PHP



posted by alfsuzuki at 02:33 | Comment(0) | PHPのお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PHPで勝手に数式作成-計算アプリを作ってみる

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
ヨシヨシ。
これで考えていたアプリが作れそうだ。

PHPってかプログラミングって結構楽しいなーw

サンプルソース無しで
とりあえず勝手に計算アプリを作ってみた。
<html>

<head>
計算アプリを作ってみるコトハジメ
</head>

<body>

<?php

/*数式の決定*/
$CountValue = rand(0,3);

/*表示する数字の決定*/
$LeftTen = rand(0,9);
$LeftOne = rand(0,9);
$RightTen = rand(0,9);
$RightOne = rand(0,9);

/*両辺の値*/
$LeftTotal = ($LeftTen * 10) + $LeftOne;
$RightTotal = ($RightTen * 10) + $RightOne;

/*計算式と回答*/
$AddTotal = $LeftTotal + $RightTotal;
$SubstractTotal = $LeftTotal - $RightTotal;
$MultiplyTotal = $LeftTotal * $RightTotal;
$DivideTotal = $LeftTotal / $RightTotal;


/*数式に応じた処理*/
switch($CountValue){

/*足し算の場合*/
case 0:

$CountDispA = '+';
$CountDispB = '<img src="/image/add.png">';
$AnsMe = $AddTotal;

break;

/*引き算の場合*/
case 1:

$CountDispA = '-';
$CountDispB = '<img src="/image/subt.png">';
$AnsMe = $SubstractTotal;

break;

/*掛け算の場合*/
case 2:

$CountDispA = '*';
$CountDispB = '<img src="/image/multi.png">';
$AnsMe = $MultiplyTotal;

break;

/*割り算の場合*/
case 3:

$CountDispA = '/';
$CountDispB = '<img src="/image/div.png">';
$AnsMe = $DivideTotal;

break;
}


/*メモ $CountDispA が記号を表示 $CountDispB が画像を表示 $AnsMe が数式の答え */



?>


<?php

/*数字の表示部分*/

echo $LeftTotal.$CountDispA.$RightTotal.'='.$AnsMe;

?>
</body>

</html>


後は、
・答えを入力するとこから値を受け取る。
・答え合わせの処理
・割り算の処理(あまりにするか、どうするか...)
を書けば、計算アプリの完成!!

続きは明日やる予定。

この記事のカテゴリ:PHPのお勉強

関連するタグ:作ってみた PHP



posted by alfsuzuki at 01:32 | Comment(0) | PHPのお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PHPでAPI叩いて検索するやつ作ってる-このリクエストURL作成方法って非効率?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
PHPでAPI叩いて検索するやつ作ってるのですが、
このリクエストURL作成方法って非効率なのかな?と、疑問に思ってみたりして。

備忘用。。

$RequestURL = 'http://hogehoge.net/search?';
$APIkey = 'DkId=****';

/*詳細条件指定(パラメータは仮)*/
$PgIdsearch = '&PgId=';
$PgIdkey = '';

$EcIdsearch = '&EcId=';
$EcIdkey = '';

$ChargeTypesearch = '&ChargeType=';
$ChargeTypekey = '';

$MinRatesearch = '&MinRate=';
$MinRatekey = '';

$MaxRatesearch = '&MaxRate=';
$MaxRatekey = '';

$MinPricesearch = '&MinPrice=';
$MinPricekey = '';

$MaxPricesearch = '&MaxPrice=';
$MaxPricekey = '';

/*実際のリクエストURL*/
$Request = $RequestURL.$APIkey.$PgIdsearch.$PgIdkey;

/*ここは作れてるかの確認用*/
echo $Request;

/*表示させるとこ*/
$xml = simplexml_load_file($Request);




んで、フォームか何か作って、指定された値を各項目に代入させるような感じにしようかと。
※ex:$PgId 部分にフォームから値を入力させて。リクエスト作って投げる。

うーん。とりあえずいじってみよう。

この記事のカテゴリ:PHPのお勉強

関連するタグ:作ってみた PHP API



posted by alfsuzuki at 18:03 | Comment(0) | PHPのお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PHPのお勉強を始めてみる。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
Web企画・ディレクションをやっていると、やっぱり自分で書けたらなと。
考えて形にするとこまで自分でできると何かと早いし。

という事でお勉強開始してみる。

参考にする書籍はこちら。


なんでPHPを選んだかというと、、、
よく聞くからww

以上。

とりあえず環境作るとこから始めてみます。

この記事のカテゴリ:PHPのお勉強

関連するタグ:やってみた PHP



posted by alfsuzuki at 13:42 | Comment(0) | PHPのお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。