小笠原旅行記(2010年9月15日〜9月20日) 〜はじめに〜

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
人生で一度は行ってみたかった、地球で一番遠い日本「小笠原諸島」。

2010年9/15〜9/20(小笠原滞在は9/16〜9/19)の旅行記まとめ。

はじめに



小笠原の場所はここ

大きな地図で見る

東京から南に約1,000km。
一度も大陸と陸続きになったことがない"海洋島"

海洋島であるが故、東洋のガラパゴスと謳われる程の独特の生態系をもち、
また昭和の時代では、太平洋戦争の戦地でもある。


飛行機でのアクセスは無く(自衛隊基地とかはありますが)、
現地へ向かうには"船"で行くしか無い。

片道約25時間の船旅。(共勝丸他でも、もっと時間が掛かる)

今回は定期便として就航し、島民たちの生活物資の運搬も担う
小笠原の住民には欠く事の出来ない「おがさわら丸」を利用しての旅。

天気予報は9/15〜17まで、曇時々雨の予報。。。
船旅の為、天候によっては滞在期間が短くなる可能性も有る。


そんな不安を抱えながら出港当日を迎える。


幸い出港には影響なさそうで、東京港-竹芝桟橋へ向う。

続く

この記事のカテゴリ:旅行

関連するタグ:旅行 小笠原



posted by alfsuzuki at 01:36 | Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。